受講の進め方

受講の進め方

神田ITスクールでは、現場で必要とされる人材を育成するという目標を達成するため、シンプルで効果的な独自の学習方法をとっています。
これは、私たちの長年に渡るソフトウェア開発経験とIT教育の指導実績から導き出したもので、これまで多くの優秀なIT人材を育成してきました。

通学頻度による受講スタイル

神田ITスクールであれば、頻繁にスクールに通える方も、そうでない方も、ご自分のスタイルに合った最適な学習方法で、無理なく学習を進めることができます。

2週間に1、2回通学 + 自宅学習併用

仕事やプライベートが忙しくて数週間に一度程度しかスクールに来れない方も、自宅での学習をメインに進めることができます。ご自宅で学習するなかでわからないことがあったときは、「自宅質問」機能を利用して講師から回答をもらうことができます。

1週間に1回~3回通学 + 自宅学習併用

平日のお仕事帰りや土曜日の朝から夕方までなど、空いている時間をうまく利用してスクールに通い学習できます。ご自宅での学習もうまく併用すれば、より効率よくスキルを上達させることができます。

ほぼ毎日通学

毎日スクールに通える方は、短期間で集中してプログラミング技術の修得を目指すことができます。就職準備期間中の方や、夏休み期間中の学生の方などにおすすめです。

受講の進め方の特徴

神田ITスクールの講座は、ご自宅でも学習を進めることができることが大きな特徴です。

  • 講義形式ではないので、毎回決まった日時にスクールに来る必用はありません。通学でも自宅でもご本人のペースに合わせて学習を進めることができます。
  • ご自宅のPCにスクールと同じ開発環境を設定し、ご自宅でもスクールと同じように学習を進めることができます。
  • 学習管理システムはご自宅でも利用できるので、空いた時間に効率よく学習を進めることができます。
  • ご自宅でわからないことが出てきたら、「自宅質問機能」を利用して気軽に質問することができます。(24時間以内に回答します。)
学習の流れ

神田ITスクールでは、学習をスムースに進めるための助けとなる「学習管理システム」を利用します。
学習管理システムで指示された順番どおりに進めていくことで、今自分がなにをしていて、次に何をすればいいのかをわかりやすく把握できますので、迷子になることなく、スムースに学習を進めることができます。

学習管理システムを使いながら、下のような流れで進めていきます。

神田ITスクールでの学習方法は、講義形式ではありません。
受講する方がタイミング良く行動する主体性が重要なカギとなる、完全個別指導形式をとっています。

人によって理解するまでにかかる時間や問題を解くスピードは違いますので、長年に渡るプログラミングの学習指導の経験のなかで、個別指導こそが一番効率的な方法であるという結論にたどりつき、実施してきました。
そして、神田ITスクールはこれまで多くの法人向け新入社員研修でも利用され、何も知らなかった新入社員を「使える人材にしてくれる」と、そのプログラミング指導方法が高く評価されています。(例年、4月と5月は法人向け新人研修で満席となります)

ひとつひとつの項目を、少し詳しく見ていきましょう。

 

①単元説明

各単元を開始する際には、その単元の概要や学習のポイント・コツなどを講師が詳しく説明します。
イメージをしっかりつかんでから学習に入ることによって、その後の概念の理解がスムースになります。
(自宅学習中に単元説明に進む場合は、学習順を変えて、まず講師の単元説明はスキップし、次の内容を進めます。スキップした単元説明は次の通学時に講師が行います)

②動画を見る

テキストの各章ごとに、15分程度の簡潔なレクチャー動画を用意しています。なんでもかんでも長々と説明しないように配慮し、シンプルさとわかりやすさを重視しています。
そのため、「神田ITスクールの講義動画は内容と長さのバランスが良いので、通勤時など時間があるときに何度も繰り返して観る事ができる」と、多くの方に喜んでいただいています。

(動画はYouTubeにアップしていますので、YouTubeを視聴できる環境でしたらいつでも観ることができます)

③テキストを読む

テキストをしっかり読むことは、神田ITスクールの学習スタイルの土台となります。
神田ITスクールで使用するテキストは、母体の開発会社の技術者が多くの市販テキストを研究し、また長年に渡る開発現場で得た知識・経験を盛り込み完成させました。

必要と考えられる要素を余すことなく詰め込んでいるので、繰り返し読みこむことで概念理解の助けとなるはずです。

④サンプルプログラムを作成する

プログラミング言語を身につけるのに一番良い方法は、実際にソースコードを打ち込み、結果を確認することです。(習うより慣れろ!)
神田ITスクールでは、開発ツールのEclipseを使って、自分の手を動かして多くのサンプルプログラムを作成するので、プログラムの概念の理解が早くなります。

⑤練習問題・理解度チェックテスト

理解不足のまま先に進んでしまわないよう、ポイントとなる箇所で練習問題と理解度チェックを用意しています。
理解が足りないことがあれば、しっかりと振り返って知識を定着させます。

⑥実践アプリ作成・ソースコードレビュー

初心者がテキスト・書籍を利用した学習のみで実践的なアプリケーションを作成することはほぼ不可能です。過去8年の教育経験でわかっています。
そのため、神田ITスクールの講座には、「実践アプリ作成」のついたPROプランがあり、特別な理由が無い限りは、PROプランの受講をおすすめしております。
PROプランでは、全体の学習時間の約4割を実践アプリ作成に割り当てます。
コースにもよりますが、5つ以上の実践的なアプリケーションを作成し、そのうえでソースコードレビューを行います。開発現場での実務に近い形で行います。
時間と手間はかかりますが、自然の流れでプログラミング技術を身につけることができます。

⑦質問対応

神田ITスクールでの学習では、完全個別指導方式のもと、いつも講師がそばにいますので、学習を進めるなかでわからないことや不安なことがあったときは、すぐに講師に質問することができます。
とは言っても、静かな教室のなかで、「先生、すいません」と気軽に声を掛けにくい方もいらっしゃいますので、神田ITスクールの学習で利用する学習管理システムには、講師を自分の席まで呼び出すコール機能がついています。
講師に質問したいとき、コール機能を使えば、早ければ数十秒で講師がお席まで伺い質問に対応します。他の受講生の方との質問が重なった場合などは、少しお時間を頂く場合もありますが、常時複数名の体制で対応しますので、5分以上お待たせすることはまずありません。

また、仕事やプライベートが忙しくてなかなかスクールに来れず主にご自宅で学習を進めたいという方も、学習管理システムの機能のひとつである自宅質問機能を利用すれば24時間以内(日・祝を除く)に回答を入手できるので、最後まで学習に対するモチベーションを維持することができるはずです。

神田ITスクールでプログラミングを学んでみませんか?

神田ITスクール独自の体系的なカリキュラムや学習の進め方に従って学習を進めれば、コース(※)修了後にはご自分ひとりで検索システムやショッピングカート機能を持つECサイトなどを作る力が身につきます。
(※:「実践アプリ作成」の付いたPROプランの場合)
そして、身につけた知識や技術は、その他様々なシステム開発に応用させることができます。
これこそが、プログラミングを学ぼうとする方が目標するものであり、また、神田ITスクールで受講される方に最も喜んでもらっていることだと思います。
本当に力を付けたいならば、ぜひ神田ITスクールでの学習をご検討ください。
いつでもご相談をお待ちしています。

 

就職サポート

神田ITスクールでは受講生の皆様への就職支援も行なっています。

神田ITスクールの母体はソフトウェア開発会社ですので、IT企業が求める人材像を熟知しており、様々な方法で受講者の皆様の就職支援ができます。

多くの隠れた優良企業と連携

神田ITスクールは独自のコネクションで多くの隠れた優良企業と提携しています。

主に中堅・中小がメインで、「人を大事にする会社」ばかりです。

カウンセリングを通して受講者の皆様の希望を伺いキャリアを真剣に考え、 これからのステップアップにつながる就職先を紹介いたします。

■迷われている方へ

ご不明点は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
 

■無料見学・体験にお越しください

実際に学習する環境や講師の接し方なども、受講をするかどうかの大きな決め手になると思います。

まずは、お気軽に無料見学・体験にお越しの上、実際にご確認頂くのが一番です。

無料見学・相談のお申込みはこちら
 

※日時の選択メニューにご都合の良い日時が無い場合は、お問い合わせフォームでお気軽にご相談ください。その他の時間でも、調整致します。